してみるテレビ 教訓のススメ【あなたの危険な睡眠をチェック】

5月30日(金)放送の教訓のススメは

「放置しておくとヤバイ!
あなたの危険な睡眠をチェックしてみる」

若い頃に比べて、なかなか寝付けなかったり、長時間眠れなかったり、いろいろ気になることがあるので見てみました。

睡眠障害危険度チェック

  1. 朝起きると頭が痛い時がある
  2. 寝る前にパソコンをよく使う
  3. 冷たいモノに足をつけるとよく眠れる
  4. 寝酒をよくする
  5. 朝起きた時、枕が頭の下にない
  6. 平日より休日のほうが睡眠時間が長い

1個でも当てはまる項目がある人はなんらかの睡眠障害の可能性があるそうですが、1個も当てはまらない人っているんですかね??

私は、1、2、6が当てはまりました。

なんと、6の平日より休日のほうが睡眠時間が長い人は老け顔になりやすいという事実・・・(まじ??)

毎日決まった時間に寝て起きる方がアンチエイジング効果が高く、特に夜12時~3時は細胞を新しくする成長ホルモンが分泌、3時~6時はダイエット効果のあるコルチゾールというホルモンが分泌されるそうです。

またしっかりと眠ることは大事なことだけど、年齢によって適正睡眠時間があって

  • 10代:8時間以上
  • 25歳:7時間
  • 45歳:6.5時間
  • 65歳:6時間

長時間眠ることが出来るのは若い証拠だそうです。

そういえば学生の頃は平気で昼近くまで眠ったりしたけど、いつの間にか休みでも自然に早い時間に目が覚めますからね(^^;)

また質のいい睡眠をとるためには枕が大事で

  • 後頭部・首・方が固定される枕はいい
  • 低すぎる枕は首に負担がかかるのでよくない
  • 男性は固くて高い枕がいい
  • 女性の場合は高めの枕を長時間使うと首元のしわができやすくなる

あと3の冷たいモノに足をつけるとよく眠れる人とは、布団に入った途端に脚がざわざわし始め、壁などの冷たい所に脚をつけると眠れる、そんな人はざわざわ脚症候群の可能性があるそうです。治療法として足に湿布を貼ると効果があるそうです。

やはりアンチエイジングのためには質のいい睡眠をとることも大事なことなんですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ